仕事を「辞めたい」のに辞められない・辞めさせてくれない。そんな時「退職代行サービス」があなたを支援します。

ランキング参加中!(‘ω’)

okuson

仕事を辞める。

それだけのことなのですが、驚くほどのストレスと疲労を感じました。

ブラックなら、尚更。

 

記事なんてどうでもいい!!とにかくすぐにでも仕事を辞めたいんだ!!と言う方はこちらからどうぞ👇

 

 

 

退職の理由は絶対に「自分で伝えなければいけない」ことなのか?

 

そんなことはありません。

 

もちろん自分で伝えて、会社も自分も納得の上円満に退職できるならそれにこしたことはありませんが、このサイトに来ている時点でそんなことにはならないでしょう。

正式な退職方法に関しては各企業の就業規則に記載があるのでしょうが、就業規則なんて形だけのブラック企業や以前の私のように

出社するのも上司と会話をすることもままならない状況

では手順通りの退職なんてありえません。

 

そんな状態になってしまった人のために、本人に代わって退職の意思や手続きを行うことが出来る【退職代行サービス】があるのです。



引用:退職代行SARABA

 

私が実際に経験したブラック企業の退職

退職代行サービスをおススメしている私ですが、私自身パワハラ・残業100時間超えのとある企業を一ヶ月で退職しました。

当時退職代行サービスをの存在を知らなかった私は、所属支社ではなく本社の人事担当に電話連絡をして退職をしました。

支社の先輩・上司と違い、本社の人事担当が威圧的な態度をとらなかったのが救いでした。

私は電話をした翌日から1度も出社することなく郵送で全ての手続きを終えました。

👇は私の実体験です。

私が「これはヤバい」と感じたブラック企業を、苦手な上司や先輩に会う事なく辞めた方法

2018.09.24

ブラック企業を一ヶ月で辞めた私は、お金で買えない「時間」を取り戻すことに成功した。

2018.06.14

 

退職代行【SARABA】の魅力

1⃣即日退職が可能である

私もそうでしたが

「あ。これはもう無理だ」

これ以上無理。

そうなったらもうどんな手段を使ってでも翌日の出勤は避けたいはずです。

私自身、妻も子供もいるいい大人ですが本気でバックレるかどうか駅のホームでただただ真剣に悩みました。

退職代行SARABAでは、休日や深夜でも可能な限り、対応しております。電話対応に関しては24時間受け付けています。

代行なので当然ですが、退職する理由なども全てSARABAが使者となり、退職の旨を伝えさせていただくため上司と顔を合わせるどころか話す必要すらありません

 

2⃣全額返金保証

ご相談いただいて万が一、退職できなかった場合、全額返金保証の対象となります。

退職する身としては、これからの収入に不安もあるわけですからこれは安心できます。

ちなみに、他社だと全額保証サービスがないところもあるので、このような保証制度があると安心して利用することができます。

 

3⃣追加料金なしのコミコミ30.000円パッケージ価格



引用:退職代行SARABA

 

退職代行会社を検索してみれば、中には1万円を切るような会社もあります。できるなら費用を抑えたいところですが実は格安サービスには罠があります。

 

その罠とは、オプションサービスでどんどんお金がかかってくることです。即日の実行+1万円、折り返し電話対応+1万円、営業時間外の対応+2万円といった感じでどんどんお金がかかるのです。

 

つまり基本料金が1万円なだけで、実際は5万円ほどの料金がかかってくるということになるのです。

折り返しの電話対応なんて何回になるかわかったもんじゃありませんし、ブラック企業の体制からして営業時間外の対応なんてことも十分ありうるでしょう。

退職できたけど、終わってみたら・・・なんてことになったら後味悪いですよね。

 

 

結局のところ、退職方法で悩む時間が一番もったいない

 

私自身そうでしたが、毎日働きながら

 

辞めたい。

 

どんな求人があるだろうか。

 

我慢すれば状況が変わるのか??

 

仕事の内容よりもこんなことを日々悶々と考えながら仕事していても、時間のムダです。

 

その会社で成長することも無く、状況が変わることも無いのに限られた時間をただただ消費することになります。

 

辞める時は「大人失格だな~」「社会人としてやっていけるのか・・・」

 

と落ち込みましたが、今はまた普通に社会人として働いています。

 

何とかなるもんです。

 

それよりも人生の限られた時間を無駄にせず、自分の時間・家族と過ごす時間・仲間と遊ぶ時間を大切にして過ごすことの方が間違いなく大事です。常に実践できているわけではありませんが、今日もしくは明日事故で死んだとしたら・・・

ということを意識するようにしています。

 

そしたら私はブラック企業を辞めてました。

 

今日もしくは明日と言う話も、絶対にありえない話ではないですからね・・。

 

 

 

気が向いたらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください