押してくれたら喜びます♪

年休消化中の脱サラブロガー、おくそんです。

okuson
基本的にLCCばっかり使っていたから、久しぶりに大手空港会社を使用したら安心感がハンパなかった・・・

 

さぁ、おくそん一家は平成29年5月に沖縄から千葉に引越しをしました。

なんでやねん!?という人はこちらをご覧ください⇒30歳、妻子持ちの私が看護師を目指したきっかけ

 

そして今回の引越しで初めて「猫を飛行機に乗せる」という経験をしました。妻を含め私の周りには動物を連れて引っ越しをした人がほとんどいなかったので、ん??何々?LCCでも猫ってOKなの?みたいな知識しかありませんでした・・・。

 

ちなみにLCCはペット積載不可です!!

まぁ今のご時世ネット検索したらすぐわかる事なんですけどね( ;∀;)というわけで、今まで出張以外はほとんどLCCを利用していた私達が、猫のせいで猫のためにかなり久々に大手航空会社(もうめんどくさいからANAって言っちゃう)を利用することになったのです。

 

5月8日ANAで沖縄を発つ

はい、この時からすでにフワフワしていますね。

写真は那覇空港での一枚です(‘ω’)今回猫のためANAを利用することになりましたが、早割75を利用した為那覇⇒成田便の料金は1万ちょうど位の金額でした。

ANAの割引運賃といえば「旅割」。特定便早期購入割引、いわゆる「早割」の運賃です。

この「旅割」であれば最大で普通運賃よりも80%近く割引価格で航空券が購入できるかなりお得な運賃になっています。

 

実は当日の航空券で、那覇⇒羽田の最終便だったら1万円を切る価格であったのですが、猫と未就学児の子供二人を連れて夜の24時前に羽田着はさすがにしんどい・・・ということで一万円の成田便を使うのでした。

 

猫は「手荷物」という扱いを始めて知った。

今の今まで完全に無関心だったので連れていくとなって初めて知ったのですが、猫(ペット)って手荷物なんですね!航空券を予約する時に知りましたがなんか「手荷物」って扱いに少し笑ってしまいました。

中には「この子は家族だから!!!( ゚Д゚)」とかナンチャラカンチャラ言う人もいるんだろうな・・・とか窓口担当者の気苦労を無駄に考えてしまった。

 

でも手荷物ってことはまさかあの手荷物受取のコンベアを流れてくるのか??と我が家の狂暴猫がコンベアを流れてくる様を想像して少し笑ってしまった。

そして無事通常と同じ手荷物受付の場所で猫を預けることに成功した。どうやら検査機も通さないらしい(‘ω’)検査機通したら骨が見えるのかな??とか無駄に期待してしまった。

 

ちなみにANAのペット手数料は基本的に6000円です。※離島など一部区間では4000円のところもあるみたいです。



さぁ、いざ機内へ!!

久々のANA。

那覇~羽田便よりは小さい気がする。座席は2列・3列・2列の横並びで7人が座れるモデルだ。

さぁ、無事機内に乗り込みました。

 

外人さんのカメラ目線!(;’∀’)

 

そして私の顔が丸い!!笑

きっと気圧の関係でむくんでいるんだろう。そういうことにしよう。そして、どういうわけか私達家族が座った真ん中から後ろの座席は全て外人さんで埋め尽くされていました。

何か会社関係の旅行とかなのだろうか??ちょっぴり国際便に乗っている気分を味わえました。

あと一つ猛烈に感じた事が・・・

やっぱ安心感が違う

ということ。LCCに比べると座席の感覚も広いし、CAさんも多いしサービスも充実している。価格的にはなんだかんだLCCが安いのは安いんですが、小さい子供が2人いたらやっぱり安心感って大事ですよね。そしてこれは感覚的な問題なのかもしれませんが、なんか大きい機体の方が安定している気がする(揺れが少ない??)

前回LCCで旅行に行ったとき、離陸してすぐにちょっと落ちる感覚があって「落ちるーーー!たっけてーー!」と叫んだ長男も今回は安心している模様。

そして私はゆったりと落語と今月の特集だった「ゆずスペシャル」を聴きながら千葉へたどり着くのでした。

成田空港で猫(手荷物)の受け取り

まさかコンベアを流れてないよな??でも流れてたらちょっと笑える(;’∀’)絶対写真撮る!とか思っていましたが・・・普通に手荷物受取場所の近くにいました。

係員さんに預け証を見せ、普通に受け取りました。
残念ながらコンベアを流れることはありませんでした。

そんなこんなでおくそん一家は無事千葉県に到着し、姉の迎えによって家路につくのでした。

さようなら沖縄!!とりあえず6月にまた行きます!!

 

気が向いたらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です