保育園決まったーーー!!決まると思っていなかった1歳児クラスの次男も無事保育園が決まりました。

ランキング参加中!(‘ω’)

脱サラブロガー、おくそんです。

 

okuson

本日午後から面接です・・・。

久しぶりすぎて緊張する・・・。

 

なんだかんだ、申請して一発目で決まった

「保育園落ちた 日本死ね」

強烈な言葉が流行ったおかげで、認可保育園ってそもそも【受からないもの】というイメージが強いですが実のところ住んでいる地域や家庭環境によってかなり変わるようです。

やはり東京都が一番受かりにくいようです。

 

人口密度が圧倒的に高いので正直なんとも言えない部分もありますが(;’∀’)

東京新聞に詳しい話が書かれていました。

出典:東京新聞 3月【社会】

 東京二十三区や政令市など南関東の三十三市区を対象に本紙が実施した「保育アンケート」で、四月に認可保育施設に入る子どもの大半を決める一次選考で四万一千人以上が落ち、申込者に占める割合は34%に上ることが分かった。特に東京二十三区では38%に達し、政令市五市の28%より10ポイント高く、厳しい状況が続いている。 (柏崎智子)

 

 各自治体は二月中旬~下旬を中心に、認可保育施設の一次選考を実施して入所内定者の大半を決める。その後、二次選考で受け入れ枠を増やすなどして三月末まで調整を続ける。

 アンケートでは、南関東の自治体のうち東京二十三区、政令市、昨年四月に待機児童が二百人以上いた東京都三鷹、府中、調布市、千葉県船橋、市川市に、一次選考に落ちた子どもの人数と申込者数を聞いた。

 それによると、三十三市区で計十二万四千六百二十八人が認可保育施設の入所を申し込み、一次選考の結果を公表しない練馬区を除く三十二市区で計四万一千三十七人が落選、うち二十三区は計二万四千二百五十九人が落ちた。

 落選率で50%以上は四区。港区55%、江戸川区54%、台東区51%、目黒区50%となっている。

 人数が最も多かったのは横浜市の四千五百四人。次いで川崎市が三千五百五十一人。ただ、落選率でみると横浜は25%、川崎は35%にとどまっている。

 東京の区部で落選率が高い背景には、認可保育施設の用地探しや保育士の確保が難しいことなどがあるとみられる。

 

このアンケートによると、私が住んでいる千葉県ではふなっしーで有名な船橋市がアンケートの対象になってはいますが、落選率がそれほど高くは無かったようです。

 

一時期ニュースにもなっていましたが、保育園を建てようとしたところ「園児の声や送迎が気になる」という地域からの苦情があり保育園の建設が出来なかったケースもあります。

「人口が増えたが故に保育園が建てられない」というのもなんだが歯がゆいですね・・・。

 

安定の千葉県!!( ゚Д゚)

落選率が低い!!そもそも申し込みの人数が・・・という話もありますが。

平成28年度の市区町村別待機児童数が千葉県HPに掲載されています。そのデータによると・・・

 

私の住んでいる千葉市は・・・28年度4月 「11人」

しかなんと!!26年・27年は・・・

 

0人!!!

 

保育園に入れなくて悩んでいる皆様・・・千葉県千葉市おススメです( ゚Д゚)

39歳。 2009年当時、全国最年少市長として就任した熊谷市長

千葉市は保育所に入れない待機児童の解消に向けた単年度計画「緊急アクションプラン」を策定し、受け入れ枠の大幅な拡充のほか、保育士の給与上乗せなどを図り、2018年4月時点での待機児童数ゼロを目指す取り組みを続けてきました。

上記の件からも、市長による影響もかなりあるように感じます。

幼稚園の認定こども園への移行や小規模保育所の整備数を増やすことなどで、児童の受け入れ枠を17年度当初予定の1188人から1688人分まで拡充。また、保育士の給与増額に向けて計画が進む県の補助事業の動向を踏まえ、市独自の給与上乗せも実施しているようです。

私の家から歩いて行けるところにある幼稚園も、認定こども園への移行をすすめているらしく、今年は間に合いませんでしたが次年度には間に合うように動いているそうです。

 

都内へのアクセスが良い船橋・市川あたりは待機児童200人前後となっているので、やはり保育園に関しては千葉市が良いのかと!とは言っても保育園のために引越しというわけにもなかなかいきませんよね( ;∀;)

 

第二希望の園にすべりこんだ

第一希望は現在定期保育で子供を預けている保育園でした。

当然ですが、慣れている保育園のが良いですし自宅や職場からもアクセスが良い保育園でした。

先月までは一歳児クラスの空きが一つだけあり、今月もなんとか入れるのか!?という状況でしたが・・・結果はダメでした。

 

四歳の長男は問題なく入れるのですが、やはり一歳児のクラスは厳しい。

待機児童がこれだけ少ない千葉市でさえ一歳児クラスの空きが無いのだから、都内なんて入れる気がしないですね( ;∀;)

 

そんな中、こども家庭科に申し込みに行った際窓口の担当者から「もしかしたらこの保育園も空きが出るかもしれません」と言われた保育園に入れることが決まりました。

ダメ元で第二希望に入れていて本当に良かった・・・。

ただ見たことの無い保育園だったので、得意のgoogleさんで調べたところ・・・情報ほぼ無し。

 

え??

 

まじか。

 

 

この時代にそんなことがあるのか( ゚Д゚)

まぁ保育園や幼稚園はHPを作っていないところも多いのでしょうがない・・・少し不安はあるがどのみち見学に行かなければならないのだから、その時に判断しよう!ということに。

 

見学の結果、施設もキレイだし子供も馴染んでいたので良かった!!登園時の準備をまた1から覚えるのは面倒だが、それはしょうがない。兄弟そろって入園出来るだけでスゴイことなのだ。

ただめっちゃ駅前なので車の停車が問題だが、最悪コインパーキングに停めてダッシュしよう(;’∀’)

 

さぁ、次は仕事だ。

 

面接行ってきます。

気が向いたらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です