押してくれたら喜びます♪

まだ辞めてません。

が、脱サラブロガーのおくそんです。(あと1週間ちょい・・・)

 

あと1週間と少しで最終出勤日を迎える。

それなのに、ロクに引き継ぎが出来ていない。

自社の業務ならまだしも、取引先の引き継ぎまでほとんど出来ていない状況に少しイライラしてしまっている自分がいるので、なぜこうなったのか整理するためにも記事にする事にした。

 

会社に気を使いすぎるな

はい。

引き継ぎがロクにうまくいっていない理由はおそらくこれだろう。退職の意志は半年ほど前に上長に伝えていたのだが、【父の体調】【関わっている業務】とのバランスが私の中でこんがらがり、最終出勤日の決定が遅くなってしまった。

それでも3か月前には伝えてはいたのだが、年末年始⇒年度末と怒涛の業務に追われ、今の今まできてしまったのだ。

そもそも「会社が嫌で」とか「もう限界」とかで辞めるわけではく、むしろ今の職場はすごく好きで、大事な場所が故に「迷惑をかけたくない」などと気を使いすぎてしまい、結果迷惑をかける予感しかしない。

 

辞める時ははっきりと!

今で言うブラック企業や、こんな会社辞めてやるぜ!!と意気揚々と辞める場合はこんな心配はいらないだろうが、

私のように【辞めたくて仕事を辞めるわけでは無く、決意したことを実現するために仕事を辞めなければいけなくなった場合】の人は会社との関係を悪くしたくないと思い、気を使ってしまう人もいるのではないか??

 

私はその結果、辞める1週間前の今でも通常業務に追われロクに引き継ぎが出来ていません。

今のままだと結果的に会社に迷惑をかけること必須です。

 

そうならない為にも、辞める日時は早めにはっきりと伝えましょう!!

 

こんな超~~当たり前のことが30歳にもなって出来ていなかったということですね・・・。

しかも私ごとき会社員が一人いなくなったところで会社は回るし、大した影響なんてないもんですよね( 厂˙ω˙ )厂

 

そして明日私の10年に及ぶ会社員時代の集大成を、まる一日の研修という形で引き継ぐ為の資料を作成中です。

 

終らん!!!!!

 

よって手抜き記事になりました。

 

 

気が向いたらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です