もしかして俺はゴム人間!?ルフィ予備軍かと思って調べてみたら、ただの病気だった話。

ランキング参加中!(‘ω’)

有休消化中の主夫ブロガー、おくそんです。

 

okuson
妻が家にいる土日が色々な意味で嬉しすぎです!!ちびっこモンスターの対応も減るし、やはり会話するって大事!

 

◆あれ!?顔周辺の皮がめっちゃ伸びる!!

 

昔からこんなだったのでみんなこれくらいは伸びるかと思っていたら、嫁その他もろもろにためしてもそうでもありませんでした・・・。

しかもこれ位の引っ張り感だと痛くもないんだよね(‘ω’)

これは!ルフィ(ゴム人間)予備軍か!?などくだらないことを考え、ネット検索してみたところ残念なことに【病気】ということが判明しました。

そしてやはりどの世界にも上には上がいるということで、私以上のゴム人間がワッサワッサとPC上に現れました。顔が伸びることを少しの自慢にしていた私は、所詮ゴムのようでゴムでないサ〇ミオリジナル程度の伸縮性しかないということが判明した。

 

 

 

 

◆「エーラス・ダンロス症候群」

これはもうガチです。

補足

上の写真は”世界一皮膚が伸びる人”として2009年にギネスに登録されたGarry Turner(ギャリー・ターナー)さんである。なんと腹部の皮膚が15.8cmも伸びるのだという。彼もエーラス・ダンロス症候群を患っていることを明らかにしている。以下の映像は彼がギネスをとった時のものである。

出典:奇妙な医世界

 

そしてこの病気、これといった有効な治療法は確立されていません。

 

ただ、そのままでも【生活に支障をきたすことは少ない】ことがほとんどだということです。まして私のように「ちょっと伸びる」程度だったら何の問題もないですね(‘ω’)

ここまでくると私は病気なのかどうかも定かではありません(;’∀’)恐らく違うでしょう・・・腹部の皮膚は伸びないですし。

 

数少ない私の特徴が一つ減りました。

 

気が向いたらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です