どうも、おくそんです。

okuson

久々に書いています。

いや、作成画面変わりすぎでしょ・・

しばらく見ぬ間にこんなにも姿を変えてしまったWordPressさんへ

気づけばもう半年近くまともに記事を書いていない。



放置プレイをしていた。



とは言え、きみのことを忘れたことはなかった。

心の片隅では、いつもきみのことを考えていた。



それにも関わらず、立ち止まっている私のことなど気にも留めずあなたは変わってしまった。

いや、正確に言えば変えてしまったのは私だ。

私がうかつに【更新】を押してしまったから、あなたは変わってしまった。



そう。

これは私のせいなのだ。



きっと君も、良かれと思って変わってくれたのだ。

仕事もそうだ。

良かれと思って進めていることなのに、

「なんでそんなことするんですか」

  

「今までのやり方のがいいんじゃないですか」

  

「私は絶対にやらない」

など、

   

 

多くの人は変わることを嫌がる。

  

まぁ、めんどくさいしね。

でも、変わらなければならないときは必ずある。

  

ならば私はこの現実を受け入れて前に進むしかない。

  

お互い、頑張ろうね。

  

転職し、半年が過ぎました

この記事を書いた頃、私はなかなかすさんでいた。

 

 

社会人入試に失敗し。

 

やっと見つかった就職先は初体験のブラック企業。

 

社会人としてやっていく自信を失いかけたころに見つかったのが今の職場だ。

  

何の因果かわからないが、医療従事者として仕事をすることになるとは思わなかった。

ブラックでないことを心から願った。

 

 

そしたらどうだ??

今の勤務先はおそらく医療分野ではありえないほどホワイトであり、ブラック企業に染まった体育会系の先輩もいない。

 

であれば、やることは一つだ。

 

自分で自分の居場所を作っていくことだ。

 

人生の大半を仕事に費やすわけだから、私はそれなりに楽しく真面目に仕事がしたい。

「いつも仕事に行くことが楽しみ」なんて仕事はそうそう無いけれど、職場で最低1日2,3回は笑いたい。

 

そんなわけで、私はなるべく明るい雰囲気をつくれるように心がけて仕事をしている。とはいえおもしろおかしく過ごすだけではなく、無駄と思われる業務は簡素化し、それなりに仕事は頑張っている。

 

そんなことで半年があっという間に終わってしまった。

 

正直、私は沖縄での職場にだいぶ未練があった。

環境なのか、仲間なのか、仕事内容なのか、詳しいことは考えだしたらキリがないけどそこそこにこじらせていた。

 

まるで遠距離が原因で別れたカップルのよう。

 

しかし約半年、仕事も環境づくりもそれなりに頑張ることで今の職場に自分の居場所を感じれるようになってきた。

新しい仕事を覚える充実感・平日にこどもと過ごす時間のある充実感に今はそこそこ満足している。

 

仕事・プライベートに充実感を得られるようになったことで「前の職場はよかった」から「前職で今も頑張っている仲間に負けないように」と思えるようになった。

 

ただやはり「沖縄」「沖縄での仲間」は特別な存在であることに変わりはない。

 

ただ少し心に余裕ができた。

 

そんなわけで記事を書く余裕もできた。

これからも色々と頑張ります。

 

ただ、白髪めっちゃ増えた。

 


気が向いたらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください